知事会緊急提言まとめる“感染拡大で速やかに緊急事態宣言を”

全国知事会は、東京など1都3県以外でも感染が拡大した場合には、知事の意見も踏まえて、速やかに緊急事態宣言を出すよう政府に求める緊急提言をまとめました。

政府の緊急事態宣言を受けて、全国知事会は9日、緊急対策本部の会合をオンラインで開きました。

この中では、愛知県の大村知事が「感染状況はぎりぎりで踏みとどまっているが、大変厳しく、岐阜と足並みをそろえて宣言の発出を要請する協議に入ったところだ」と述べました。
また、栃木県の福田知事も「医療提供体制がひっ迫しているので、宣言発出を要請すべく調整している」と述べました。
一方、茨城県の大井川知事は「県内の医療提供体制がぜい弱なので、感染がさらに拡大した場合は宣言の発出をお願いしたい」と述べたうえで、地域の実情に応じた柔軟な対応を国に求めました。

このあと、全国知事会は、首都圏以外でも感染が拡大した場合には、知事の意見も踏まえて、速やかに宣言を出すよう政府に求める緊急提言をまとめました。

また、提言では、事業者への営業時間の短縮要請など自治体の対応をより効果的なものにするため、特別措置法などの迅速な改正を求めています。

さらに、政府が来月下旬までの開始を目指すワクチンの接種について、実務を担う地方自治体に必要な情報を速やかに示し、十分な財政支援を行うよう提言しています。