三菱UFJ銀行とNTTドコモ 包括的な業務提携に向けて調整

「三菱UFJ銀行」と「NTTドコモ」が金融事業での包括的な業務提携に向けて調整を進めていることが分かりました。
共同で住宅ローンの販売や顧客データを活用した新しいサービスの開発などを目指すということです。

関係者によりますと、三菱UFJ銀行とNTTドコモは、金融事業で包括的な業務提携を結ぶ方向で、調整を進めているということです。

ドコモの利用者に住宅ローンや無担保ローンを共同で販売するほか、両者が持つ膨大な顧客データを活用した新しいサービスを開発することなどを目指すとしています。

また、去年の法改正で設けられた銀行や証券、保険といった幅広い金融サービスを仲介できる「金融サービス仲介業」に参入することを念頭に共同出資の新会社を作る案も検討しているということです。

三菱UFJ銀行としては、超低金利が長期化する中、ドコモとの包括提携によって国内事業の新たな収益源を確保したい考えです。

また、料金プランの値下げを打ち出しているドコモとしても収益力の強化を図るねらいがあるとみられます。

両者は、この春の合意を目指しているということで、業界の垣根を越えた提携が双方の顧客の利便性の向上につながるか注目されます。