北陸や新潟で大雪 10日にかけ北~西日本の日本海側で積雪増へ

北陸や新潟県では雪が強く降り、急激に積雪が増えています。雪は10日にかけて北日本から西日本にかけての日本海側を中心に、断続的に降って積雪がさらに多くなる見込みで、交通への影響に警戒し、除雪中の事故や停電に十分注意してください。

北陸や新潟県で雪強まる

気象庁によりますと、日本付近は強い冬型の気圧配置が続いていることに加えて、上空に強い寒気が流れ込んでいるため、日本海側を中心に雪が降り、特に、北陸や新潟県で強まっています。

石川県珠洲市では、8日午後7時までの6時間に25センチの雪が降り、大規模な交通障害のおそれが高まっているとして「顕著な大雪に関する情報」が発表されました。

午後9時の積雪は、
▽新潟県上越市で1メートル78センチ
▽富山市で92センチ
▽福井市で50センチ、
▽石川県輪島市で22センチなどとなっています。

10日にかけ 雪降り続くおそれ

日本付近は、10日にかけて強い冬型の気圧配置が続き、北日本から西日本にかけての日本海側を中心に、雪が降り続くおそれがあります。

9日夕方までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで、
▽新潟県で120センチ、
▽北陸で110センチ、
▽近畿北部や中国地方、それに岐阜県で60センチ、
▽北海道と東北、それに長野県で50センチ、
▽山口県を含む九州北部で30センチ、
▽四国で25センチ、
▽九州南部で20センチなどと予想されています。
その後、10日夕方にかけての24時間に降る雪の量は、
多いところで
▽新潟県では70センチから100センチ、
▽北陸と岐阜県では50センチから70センチ、
▽近畿では40センチから60センチ、
▽東北と中国地方で30センチから50センチ、
▽北海道、長野県、四国で20センチから40センチ、
▽九州北部でも10センチから20センチの雪が降る見込みです。

北陸と東北では、その後も週明けにかけて雪が続く見込みです。

交通影響に警戒を

気象庁は、積雪や路面凍結による交通への影響に警戒し、なだれや着雪による停電にも注意するよう呼びかけています。

積雪が多くなっている地域では、除雪中の事故が相次いでいます。

除雪作業は、必ず2人以上で行い、雪が落ちてくる可能性がある軒下は通らないようにするなど、十分注意してください。

「顕著な大雪に関する情報」北陸3県で相次ぎ発表 重大な影響も

今回の大雪では北陸の3県で、気象庁から「顕著な大雪に関する情報」が相次いで発表されています。

この情報は、短時間に大雪が降り、その後も積雪が続いて重大な影響が見込まれるときに、気象庁が県の地域を対象に発表する防災情報です。

新潟県や富山県、石川県、福井県、それに山形県と福島県の会津地方を加えた北陸や東北の6県でおととしの冬から本格的な運用が始まっています。

7日夜は、富山県砺波市で午後10時までの3時間に23センチの顕著な降雪を観測し、大規模な交通障害が発生するおそれが高まったとして「顕著な大雪に関する情報」が富山県に初めて発表されました。

8日の昼までには、
▽富山県朝日町で午前6時までの3時間に22センチ、
▽福井県大野市で午前9時までの6時間に39センチ、
▽福井市で午前11時までの6時間に24センチ、
▽石川県の加賀南部の山地で、正午までの6時間に54センチの顕著な降雪が観測され、それぞれの地域に情報が発表されました。

福井県や石川県では、9日にかけて大雪が続く見通しだとして、気象庁は一層の警戒を呼びかけています。

日本海側 一部の地域で通信障害

大雪の影響で、日本海側の一部の地域で携帯電話がつながりにくくなっています。

NTTドコモは、8日午前9時時点で青森県の深浦町、秋田県の横手市、山形県の鶴岡市、新潟県の新潟市北区、長岡市、村上市のそれぞれ一部の地域でつながりにくくなっています。

auのKDDIは、8日午前9時時点で秋田県の能代市、八峰町のそれぞれ一部の地域でつながりにくくなっています。

ソフトバンクは、8日午前7時時点で秋田県の秋田市、潟上市、能代市、八峰町のそれぞれ一部の地域でつながりにくくなっています。

いずれも大雪による停電や基地局と基地局を結ぶ設備の障害によるもので、各社は復旧作業を急いでいます。