フェイスブック トランプ大統領のアカウント停止

アメリカの連邦議会議事堂がトランプ大統領の支持者に一時、占拠されたことを受け、フェイスブックはトランプ大統領のアカウントを無期限に停止し、少なくとも平和的な政権の移行が完了するまでは投稿できないようにすると発表しました。

これはフェイスブックのザッカーバーグCEOが7日、声明で明らかにしました。

トランプ大統領は6日、ソーシャルメディアに投稿した動画で「選挙は盗まれた」などと大統領選挙での不正を主張し、フェイスブックは暴力のリスクを助長すると判断したとして動画を削除するとともに、大統領が24時間、投稿できなくする方針を示していました。

声明でザッカーバーグ氏は、トランプ大統領がフェイスブックを通じて民主的に選ばれた政府に対する暴動をあおっていると非難したうえで「いま大統領に利用を認めることはリスクが大きすぎる」と指摘し、フェイスブックと傘下のインスタグラムはトランプ大統領のアカウントを無期限に停止し、少なくとも平和的な政権の移行が完了するまでは投稿できないようにするとしています。

今回の混乱をめぐっては、ツイッターがトランプ大統領の投稿に重大な規定違反があったとして3件の投稿について削除を求め、大統領側が削除に応じたほか、ユーチューブも会社の規定に基づいて大統領の動画を削除しています。