石川県の北陸自動車道で一時約90台の車動けず

北陸自動車道では、7日夜、石川県内で2台の大型車が雪で動けなくなり、その影響で、一時、およそ90台の車が動けなくなりました。中日本高速道路によりますと、除雪などの作業を進めた結果、8日午前3時半までにすべての車を現場から移動させたということです。

中日本高速道路によりますと、北陸自動車道の下り線では、7日夜、金沢市にある不動寺パーキングエリアから3キロほど富山側に向かった地点で、2台の大型車が雪で動けなくなり、走行車線と追い越し車線を塞ぐ形で止まりました。

中日本高速道路は、7日夜11時から石川県の金沢森本インターチェンジと富山県の小矢部インターチェンジの間の上下線を通行止めにして、動けなくなった車の移動や除雪作業にあたりました。

下り線の現場周辺には、一時、およそ90台の車が動けなくなっていましたが、午前3時半までにすべての車を移動させることができたということです。

中日本高速道路では引き続き、通行止めの区間の除雪作業を進めています。

立往生した場合の対応は

もしも車が立往生した場合は、以下の対応を取ると安全性が高まります。

▽防寒具を着用しなるべくエンジンを切る。

▽排気ガスの流入を防ぐためマフラー周りを除雪する。

▽可能ならば近くの安全な施設へ移動。
むやみに外に出るとかえって危険になりますが、車を離れる場合は周囲の交通状況に注意し、カギをつけたままにするかわかりやすい場所に置いてください。

エコノミークラス症候群を防ぐためには

長時間同じ姿勢だと血流が悪くなります。定期的に体を動かすようにしてください。

▽足の指を閉じたり開いたりする。

▽足首を回す。

▽つま先を引き上げ足首の曲げ伸ばしをする。

▽ふくらはぎや足首をマッサージする。

▽背伸びや上半身をひねる。

▽なるべく水分も補給する。

体調が悪くなったら迷わず救助を要請してください。