鬼の字を矢で射ぬく新春恒例行事 奉射祭 島根

「鬼」と書かれた的を矢で射ぬいて、ことし1年の無病息災などを祈願する新春の恒例行事「奉射祭」が、島根県大田市の神社で行われました。

「奉射祭」は武道や武術の神様「宇摩志麻遅命」をまつる大田市川合町の物部神社で、1月6日と7日に行われる新春恒例の事始め行事です。

7日は最初に拝殿で神事が行われ、神職が直径1メートルほどの大きな的の裏に、墨で「鬼」という字を書きました。
このあと的を屋外に運び、えぼしと直垂(ひたたれ)を身に着けた2人の射手が、古式にのっとって1本の矢を空へ、もう1本を「鬼」と書かれた的に向かって放ち、ことし1年の無病息災を祈願しました。
そして、高校の弓道部員や愛好家などが、弓道の上達やことし1年の健康などを願って、およそ40メートル離れた的に向かってうち初めを行いました。

邇摩高校弓道部の片山怜利部長は「去年は県総体がなくなって、残念な年でした。ことしはコロナが収束したら6月にある県総体で、力が発揮できればと思います」と話していました。