新体操団体「フェアリージャパン」五輪目指し新年の練習

東京オリンピックでメダル獲得を目指す、新体操団体の日本代表が新年の練習をスタートし、キャプテンの杉本早裕吏選手が「最後までぶれずにやりきりたい」と抱負を述べました。

新体操団体の日本代表「フェアリージャパン」は、おととしの世界選手権の団体総合で銀メダルを獲得し、ことしの東京オリンピックで初のメダル獲得を目指します。

選手たちは今月4日から東京 北区の国立スポーツ科学センターで新年の練習をスタートしました。

「ボール」の練習では手足の先まで伸びた美しい姿勢でボールを操り、それぞれの選手が正確にボールを交換するなど息の合った動きを見せていました。

キャプテンの杉本選手は「ことしの目標は、“心身共に軸強く”。1人1人が心も体も軸を感じて最後までぶれずにやりきりたい。新体操選手として自分らしさを最後まで貫き通しやりきりたい」と抱負を述べました。

一方、個人の枠で東京オリンピック出場を目指す皆川夏穂選手は「ことしの目標は、変化を恐れずに常に挑戦し、自分に勝つこと。去年からいろいろなことが通常どおりにいかないが、自分のすることを100%やりきって常に高みを目指したい」と話していました。

日本体操協会の山崎浩子強化本部長は「私たちに与えられた1年を大切に使っていきたい。どんな状況にも耐えられるよう、心身ともに磨いていきます」とコメントしました。