記録的大雪の秋田 横手で災害派遣の陸上自衛隊が除雪作業

記録的な大雪となっている秋田県南部の横手市で、県からの災害派遣要請を受けた陸上自衛隊が除雪作業を行っています。

秋田県からの要請を受けて横手市に派遣されたのは、秋田市にある陸上自衛隊秋田駐屯地の隊員およそ100人です。

横手市では6日午前11時の積雪が1メートル59センチと平年の4倍近くになっていて、このうち木造校舎の市立栄小学校では、午前9時すぎから50人ほどの隊員が屋根の雪下ろしや敷地内の除雪を開始しました。

隊員たちは、スコップなどを使いながら、平屋建ての校舎の屋根に積もった大量の雪を少しずつ崩しては落としたり敷地内に積もった雪の片づけにあたったりしていました。

自衛隊によりますと、午前中は、横手市内の十文字中学校でも除雪作業を行ったということです。

現場で指揮にあたっている第21普通科連隊の千葉幹夫第4中隊長は「横手に入ったとき想像より雪が多いと感じた。困っている人が多くいるので安全を第一に精いっぱい尽力したい」と話していました。

栄小学校の高瀬典穂校長は「学校がつぶれてしまうのではと心配していたので、自衛隊に除雪に来てもらい大変ありがたい」と話していました。

秋田 大仙では市の職員が除雪作業

大雪となっている秋田県大仙市では6日、市の職員およそ90人が中心部の道路で除雪作業を行っています。

大仙市では、年末年始の記録的な大雪で道路などの除雪が追いついていないことや、7日からの大荒れの天気でさらに雪が降ることが予想されています。

このため市の職員およそ90人が出て、中心部の道路およそ2.5キロで除雪作業を行っています。

職員たちは、道路の脇にある雪を溝に流して道幅を広げたり交差点の脇に2メートル近く積もった雪の山を崩して取り除いたりしていました。

大仙市総合防災課の藤田勇人主幹は「車や歩行者が少しでも安全に通行してもらいたいという一心でやっている。あすからまた大雪が予想されるので、市民の皆さんには十分注意して除雪作業にあたってほしい」と話していました。

除雪作業は6日午後4時まで行うということです。