中日 大野雄大 京都で山登り自主トレ公開 優勝に向け決意

プロ野球で昨シーズン沢村賞に輝いた中日の大野雄大投手が地元・京都で新春恒例の山登りトレーニングを行い、「優勝に向けもっともっとレベルアップしていく」と決意を述べました。

大野投手は昨シーズン、2年連続の最優秀防御率と初めての最多奪三振の2つのタイトルを獲得し、両リーグトップの6つの完封を含む完投10試合も評価され、初めての沢村賞に輝きました。

大野投手は、高校時代から年明けのこの時期に15年以上行っている地元・京都市の大文字山での山登りの自主トレーニングを5日公開しました。

山のふもとを勢いよくスタートした大野投手は山道を勢いよく駆け上がっていき、30分足らずで京都市内を一望できる山頂付近まで到達しました。

そして大文字山にちなんで、大の字を作るように大きくジャンプして今シーズンの活躍を誓いました。

大野投手は「初心を忘れない大切さを感じ、シーズン中も『あの山登りに比べればたいしたことはない』と頑張ることができるので毎年行っている。昨シーズンはリーグ3位となり優勝の背中が見えてきたので、今シーズンは全員でつかみにいきたい。そのために自分はもっともっとレベルアップをしていく」と決意を述べました。