記録的大雪 秋田県が陸自に災害派遣要請 横手市からの要請受け

秋田県は記録的な大雪となっている横手市からの要請を受け、陸上自衛隊に災害派遣を要請しました。自衛隊は6日から倒壊のおそれのある家の雪下ろしなどの活動を行うことになりました。

秋田県内は、先月30日から南部を中心に雪が降り続き記録的な大雪となっていて、横手市では5日午後3時現在の積雪が1メートル71センチと平年の4倍余りに達しています。

このため横手市は、倒壊のおそれがある高齢者世帯や木造の小学校の校舎の雪下ろしなどを早急に行う必要があるとして、県に自衛隊への災害派遣を要請しました。

横手市によりますと、県に要請した5日午前10時すぎの時点で、対象となる世帯はおよそ5000世帯に上るということです。

これを受けて秋田県は5日午後4時、陸上自衛隊に災害派遣を要請し、6日から陸上自衛隊秋田駐屯地の部隊が、雪下ろしなどの作業にあたることになりました。

秋田県が大雪で自衛隊に災害派遣を要請するのは、平成18年1月に秋田市への派遣を要請して以来となります。