タクシーが歩行者次々はね1人死亡 運転中に意識失ったか 東京

4日夜、東京 渋谷区でタクシーが歩行者を次々にはね、49歳の女性が死亡したほか、小学生の男の子を含む5人が重軽傷を負いました。
また、タクシーの73歳の運転手も病院に搬送され、警視庁は現場の状況などから、運転手が運転中に意識を失った可能性があるとみて調べています。

4日午後7時すぎ、渋谷区笹塚の甲州街道で、走ってきたタクシーが横断歩道を渡っていた歩行者を次々にはねました。

この事故で、近くに住む佐藤優子さん(49)が胸などを強く打って、搬送先の病院で死亡したほか、小学生の9歳の男の子と母親を含む男女5人が重軽傷を負いました。

また、タクシーの73歳の男性運転手も病院に搬送され、手当てを受けています。

現場は、京王線・笹塚駅近くの交通量が多い道路で、事故の直後には路上で救急隊がけが人の手当てをしている様子が確認できました。

警視庁によりますと、タクシーのドライブレコーダーには事故の前、運転手がうつむいた状態で体を揺らしている様子や、タクシーが蛇行したり、加速や減速をしたりする様子が写っていたということです。

また、当時乗っていた客が「運転手に異変が生じているように感じた」と話しているということで、警視庁はタクシーの運転手が運転中に何らかの原因で意識を失った可能性があるとみて詳しい状況を調べています。

コンビニ従業員「複数人 路上に倒れている」

事故が起きた現場の近くにあるコンビニエンスストアの女性従業員は「店内にいてバーンと爆発したような音がして大変驚いた。外を見ると複数の人が路上に倒れていて近くにタクシーが止まっていた」と話していました。

事故を目撃した人「横断歩道で複数の人が倒れていた」

現場近くを通りかかった53歳の男性は「ドカンという音がしたので道路を見たら、横断歩道でタクシーにはね飛ばされたとみられる複数の人が倒れていた。タクシーは道路脇のガードレールにぶつかった後、その場を一度走り去り、近くの交番から警察官が駆けつけていました」と話していました。

タクシーの女性客「運転手が気を失ったような感じだった」

事故を起こしたタクシーが所属する東京都内の会社によりますと、事故の直後に当時、タクシーに乗っていた女性客から連絡があったということです。

女性は「タクシーが何人かはねてバイクにもぶつかった。運転手は運転中に意識を失ったような感じだった」と話したということです。

タクシー会社の担当者によりますと、運転していたのは70代くらいの男性運転手で、経験30年以上のベテランだということです。

男性運転手は、4日午前6時15分から勤務を始め、始業時の点呼でも体調などに問題は確認できなかったとしています。