千葉県 森田知事「国は速やかに緊急事態宣言発出を」

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、菅総理大臣が、東京都と周辺の3県に法律に基づく緊急事態宣言の発出を検討する考えを示したことについて千葉県の森田知事は「国には速やかに緊急事態宣言を出してほしいと考えていた。宣言は最後の切り札で、よい結果が出ないと大変なことになる」と述べました。

東京、埼玉、千葉、神奈川の知事は、2日、特別措置法に基づく緊急事態宣言の発出を速やかに検討するよう政府に要請し、菅総理大臣は、4日、1都3県に宣言を発出することを検討する考えを表明しました。

これについて千葉県の森田知事は4日の会見で「国には速やかに緊急事態宣言を出してほしいと考えていた。総理が現状を鑑み、話を聞き検討に入ったのだろう。経済を殺してはいけないが今はコロナに打ち勝つことが大事だ。宣言は最後の切り札で、よい結果が出ないと大変なことになる」と述べました。

また、西村経済再生担当大臣が1都3県の知事に対し、飲食店への営業時間短縮の要請を午後8時までに前倒しすることなどを求めたことについては、「いま対応を協議をしている。1都3県が足並みをそろえる必要がある。感染者が多く、病床の確保も大変なので、しっかりと対応しなくてはならない」と述べました。

千葉県は現在は、千葉市や船橋市など12の市の酒類を提供する飲食店などに対し、営業時間を午後10時までに短縮するよう要請していますが、森田知事は「市町村の意見を聞く必要があるが、宣言が出た場合には大きく要請をかけなくてはいけないとも考えている」と述べ、緊急事態宣言が発出された場合は地域の拡大を検討する必要があるという認識を示しました。

千葉県は、5日にも対策本部会議を開き、県としての対応を発表したいとしています。