トランプ大統領 州当局に選挙結果を覆すよう圧力か 録音公開

トランプ大統領が、大統領選挙で僅差で敗れた南部ジョージア州の結果をめぐって、地元の州当局に結果を覆すよう電話で圧力をかけたとされる会話の録音が、アメリカの有力紙「ワシントン・ポスト」によって公開されました。

公開されたのは、トランプ大統領がジョージア州で選挙の投開票を担った共和党のラフェンスパーガー州務長官に2日、電話し、およそ1時間話したとされる内容です。

この中でトランプ大統領は「われわれはジョージア州で勝利した」「ジョージアの人々や国民は怒っている」と述べ、州の当局が発表した選挙結果を批判しました。

さらに選挙に不正があったと主張し、集計機のメーカーが機器を勝手に持ち去った疑惑などを指摘するとともに「あなたが再集計したと言うことには何の問題もない」「私は、ただ1万1780票を見つけたいだけだ」と述べ、バイデン次期大統領を上回る票の獲得に向けて、州務長官に対応を迫りました。

これに対し、州務長官など州の当局者はトランプ大統領が指摘する選挙の不正疑惑は事実ではないと説明しましたが、トランプ大統領は「私が負けたはずはない」と繰り返し述べ、選挙に不正があったと一貫して主張しています。

「ワシントン・ポスト」は、トランプ大統領が、みずからの敗北を覆すために州の当局に圧力をかけたとしたうえで、選挙結果の改ざんを求めたのであれば法的責任を問われる可能性もあると伝えています。