東京都内 餅をのどに詰まらせ高齢者9人が搬送 うち1人死亡

元日の1日から2日にかけて東京都内では餅をのどに詰まらせて高齢者9人が病院に運ばれ、このうち90歳の男性が死亡しました。東京消防庁は、餅は小さく切って食べるなど注意を呼びかけています。

東京消防庁のまとめによりますと、元日の1日から2日までの2日間、都内で70歳から93歳までの男女9人が餅をのどに詰まらせて病院に運ばれました。

このうち、西東京市の90歳の男性が自宅で焼いたもちを食べてのどに詰まらせ、1日、搬送先の病院で亡くなりました。

また2日午後、多摩市の78歳の男性がお雑煮を食べた時に餅をのどに詰まらせて意識不明の重体だということです。

東京消防庁は、特に高齢者、そして幼い子どもも、餅を食べる際は小さく切ってよくかむなどして注意するよう呼びかけています。

また、のどに詰まった場合は詰まりをとるために周りの人が強く背中をたたくとともに、必要な場合はできるだけ早く心臓マッサージなどをして救急車を呼んでほしいとしています。