露 プーチン大統領 新型コロナ克服に向け国民に団結呼びかけ

ロシアのプーチン大統領は大みそか恒例のテレビ演説を行い、ロシアでも過去最悪のペースで感染拡大が続く新型コロナウイルスの克服に向け、国民に団結を呼びかけました。

ロシアのプーチン大統領は31日、大みそかの恒例となっている国民向けのテレビ演説を行い「新型の危険なウイルスは生活や仕事のスタイルを変え、多くの計画が修正を余儀なくされた」と述べました。

そのうえで「われわれは皆で困難を克服し、正常な生活を取り戻す。そして、国が直面する課題に取り組むことができると確信している」と述べ、国民に団結を呼びかけました。

ロシアでは先月に入って、1日に確認された新規感染者が2万9000人を超える日があったほか、1日の死者が600人を超える日が出るなど、感染が急拡大しています。

ロシア政府系の世論調査機関によりますと、プーチン大統領の支持率は先月20日の時点で60.5%と、過去1年間で最低の水準まで落ち込んでいて、プーチン大統領としてはウイルスとの闘いを強調することで国民の不満をそらすねらいもあるとみられます。