警察官取り押さえた30代男性死亡 暴れていると通報 東京 葛飾

東京・葛飾区のアパートで「息子が暴れている」という通報を受けて警察官が駆けつけ30代の男性を取り押さえたところ、男性はぐったりした状態になりその後、死亡しました。警視庁が当時の詳しい状況を調べています。

捜査関係者によりますと30日午後5時半ごろ東京・葛飾区のアパートで「息子が暴れている」と母親から通報がありました。

葛飾警察署の警察官2人が現場に向かい、部屋にいた30代の男性から話を聞こうとしたところ暴れて抵抗したため、ベッドの上で取り押さえたということです。

しばらくすると男性はぐったりした状態で意識がなくなり、救急車で病院に運ばれましたがその後、死亡しました。

警視庁が死因の特定を進めるとともに、取り押さえた時の詳しい状況を調べています。