元日にかけて大雪のおそれ 数年に一度クラスの強い寒気

30日から年明けの元日ごろにかけては、北海道から九州の日本海側を中心に雪や風が強まって、ふだん雪の少ない西日本でも大雪となるおそれがあります。

太平洋側の平地でも雪が積もるおそれがあり、交通への影響などに警戒して、車で移動する場合は冬用タイヤやチェーンを装着するなど、備えを進めてください。

気象庁によりますと、30日から年明けの元日ごろにかけては、日本の上空に数年に一度クラスの非常に強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込みです。

この時間は北海道や東北で雪が降っていて、これから北海道から九州の日本海側を中心に大雪となり、ふだん雪の少ない西日本でも平年の降雪量を大きく上回るおそれがあります。

特に今夜以降は、日本海側を中心に短時間のうちに雪の量が急激に増えるところがあるほか、東海や近畿、四国、九州などの平地でもまとまった雪が降り、積もるおそれがあります。

30日夕方~31日夕方の予想降雪量

30日の夕方から31日夕方にかけての24時間に降ると予想される雪の量です。

〈山沿いの多いところ〉
▽新潟県で70センチから100センチ
▽北陸で60センチから80センチ
▽近畿と中国地方で50センチから70センチ
▽東北の日本海側と長野県、関東北部で40センチから60センチ
▽北海道と東海で30センチから50センチ
▽山口県を含む九州北部で20センチから40センチ
▽四国と九州南部で10センチから20センチとなっています。

〈平地〉
▽東海地方で1センチから40センチ
▽近畿南部で1センチから5センチ
▽四国で5センチから10センチ
▽九州南部でも1センチから10センチなどと予想されています。

12月31日夕方~1月1日夕方の予想降雪量

31日の夕方から年明け1月1日の夕方にかけて、いずれも山沿いの多いところで予想される降雪量です。

▽新潟県で80センチから120センチ
▽北陸と東北の日本海側で60センチから80センチ
▽東海と近畿で40センチから60センチ
▽北海道で30センチから50センチ
▽長野県と関東北部、それに中国地方で20センチから40センチ
▽四国で5センチから10センチと、
ところにより積雪が大幅に増えるおそれがあります。

また、全国的に風が強まり、日本海側を中心に吹雪となるおそれがあるほか、海上はしける見込みです。

気象庁は、大雪や吹雪による交通への影響などに警戒するとともに、路面の凍結や屋根からの落雪、電線や樹木への着雪のほか、雪崩にも十分注意するよう呼びかけています。

車で移動する場合は冬用タイヤやチェーンを装着するなど、備えを進めてください。

平地でも雪 各地の予想される雪の量は

31日夕方までの24時間に、各地の平地で降ると予想される雪の量です。

東海地方では、
▽岐阜県で20センチから40センチ、
▽愛知県で1センチから5センチなどとなっています。

近畿地方では、
▽近畿北部で20センチから40センチ、
▽近畿中部で10センチから20センチ、
▽近畿南部で1センチから5センチとなっています。

中国地方では、
▽山陽と山陰で20センチから40センチ、
▽山口県で10センチから20センチとなっています。

また九州では、
▽福岡県で5センチから10センチ、
▽佐賀県で5センチから10センチ、
▽長崎県で10センチから20センチ、
▽大分県で5センチから10センチ、
▽熊本県で10センチから20センチ、
▽鹿児島県で1センチから10センチなどとなっています。

四国では5センチから10センチの雪が降ると予想されています。