大雪予想 高速道路で30日からチェーン規制や通行止めの可能性

大雪の予想を受けて、高速道路各社は30日からチェーン規制や通行止めを行う可能性があるとして、事前にホームページなどで周知を行っています。

このうち、東日本高速道路は北海道から新潟県にかけての日本海側の各県、それに岩手県、福島県、群馬県、長野県の一部では、大みそかの12月31日から1月3日ごろにかけて、チェーン規制や通行止めを行う可能性があるとしています。
東日本高速道路では通行止めやチェーン規制などの交通情報をホームページのほか、ツイッターでも発信するとしてしています。

中日本高速道路は30日から愛知県や岐阜県、滋賀県を通る東名高速道路や名神高速道路、滋賀県や福井県、石川県、富山県を通る北陸自動車道などで通行止めを行う可能性があるとしています。

西日本高速道路も30日から31日にかけて、九州など西日本の広い範囲で通行止めの可能性があるとして規制が予想される区間をホームページ上で地図にして示しています。

冬用タイヤやチェーンの準備を

高速道路各社は外出を控えるよう呼びかけるとともに、高速道路を利用する際は冬用のタイヤに替えるとともにチェーンを持っていくよう呼びかけています。