世界遺産 金閣寺 金色に輝く舎利殿 屋根のふき替え工事が終了

京都にある世界遺産の金閣寺で18年ぶりに行われていた金色に輝く舎利殿の屋根のふき替え工事が終了し、29日報道関係者に公開されました。

京都市北区にある世界遺産の金閣寺では、金色に彩られ、寺の名前の由来となった舎利殿でこけらぶきの屋根が傷んできたため、ことし9月から18年ぶりとなるふき替え工事が行われていました。

およそ4か月間行われた作業は28日終了し、29日朝舎利殿が報道関係者に公開されました。

ふき替え工事では、およそ320平方メートルの屋根にある10万枚のサワラの木の板を張り替え、屋根の色は以前より明るい茶色になっています。

また、屋根の上の「鳳凰」など、ふだん手の行き届かない場所の金ぱくの補修も行われ、作業には縦横およそ10センチの金ぱく1万枚が使われたということです。

昭和30年に再建された舎利殿の屋根のふき替え工事はおよそ20年ごとに行われ、これで3回目だということです。

金閣寺では「新型コロナウイルスが一日も早く終息し、装いを新たにした金閣寺を見てもらいたい」と話しています。