日経平均株価 終値 700円以上上昇 “バブル景気”後の最高値に

29日の東京株式市場、日経平均株価の終値は、2万7568円15銭となり、いわゆる「バブル景気」が終わった後の最高値を更新し、30年4か月ぶりの高値の水準となりました。

29日の東京株式市場は、ニューヨーク市場でダウ平均株価など主要な株価指数がそろって最高値を更新したことを受け、幅広い銘柄に買い注文が出ました。

日経平均株価の終値は、28日より714円12銭、高い2万7568円15銭となり、1991年3月につけた2万7146円91銭を超えいわゆる「バブル景気」が終わった後の最高値を上回り、30年4か月ぶりの高値の水準となりました。

▽東証株価指数・トピックスは、31.14、上がって、1819.18。

▽1日の出来高は10億2087万株でした。

株価の上昇は、新型コロナウイルスの感染拡大への対応策として世界的な金融緩和が続いていることも背景にあり、投資家がリスクを取る姿勢を強めています。

市場関係者「期待感の先行に警戒する投資家も」

市場関係者は「年末で取り引き参加者が比較的少ないこともあって、株価の急上昇につながった。新型コロナウイルスの影響で深刻な打撃を受けている航空や鉄道、サービス関連の企業の業績が今後、回復するのでないかという見方から買い注文が集まったが、期待感が先行していることを警戒する投資家もいる」と話しています。