スノーボード中にコース脇に転落か 男性死亡 新潟 湯沢町

26日午後、新潟県湯沢町のスキー場でスノーボードをしていた40代の男性がコース脇で雪に埋まった状態で見つかり、その後、死亡しました。

警察によりますと、26日午後1時40分ごろ、新潟県湯沢町のスキー場「湯沢パークスキー場」でスノーボードをしていた横浜市緑区の会社役員日吉健浩さん(41)がコース脇で雪に埋まっているのが見つかりました。

日吉さんは病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。

これまでの調べで、日吉さんは家族4人でスノーボードに来ていて、中上級者向けのコースを1人で滑っていました。

その後、姿が見当たらないことに家族が気付き、スキー場のパトロール員が捜索を行ったところ、コース脇の4メートルほど下で雪に埋まっているのが見つかったということです。

警察は誤ってコース脇に転落したとみて、詳しい状況を調べています。