コロナ変異ウイルス 国内確認で対策強化 遺伝子解析の迅速化も

変異した新型コロナウイルスが国内の空港の検疫でも確認され、政府は水際対策をさらに強化しています。ウイルスが見つかった国からの入国の制限を26日から強めたほか、変異したウイルスかどうかを速やかに確認するための体制整備を進めています。

今月、国内の空港に到着した男女5人が、イギリスで感染が広がっている変異した新型コロナウイルスに感染していることが初めて確認されました。いずれも空港の検疫で陽性が確認されホテルに滞在していたため、厚生労働省は国内でほかの人に感染させるおそれのある接触はなかったとみています。

政府は空港の水際対策をさらに強化しています。

イギリスからの入国については日本人や在留資格を持つ外国籍の人を除いて24日から新規の入国を拒否していますが、変異したウイルスが見つかった南アフリカについても26日から同じ措置をとっています。

日本人や在留資格を持つ人にもこれまで免除していた14日間の待機を要請し、日本人には、在留資格を持つ人と同様、現地を出国する72時間前までに検査を受けて証明書を提出するよう新たに求めています。

また、これまで空港の検疫で採取された検体は一定程度まとまってから国立感染症研究所に送って遺伝子解析を行っていましたが、このうちイギリスに滞在歴がある人の検体については速やかに研究所に送り、変異したウイルスかどうかを直ちに確認する体制整備を進めています。