楽天 システム不備 148万件の情報 不正にアクセスできる状態に

IT大手の楽天は顧客情報を管理するシステムに不備があり、個人情報を含む延べ148万件の情報が外部からアクセスできる状態になっていたと発表しました。このうち、600件余りの情報が海外から不正にアクセスを受けたことが確認されたということです。

発表によりますと、先月24日、「楽天」と子会社の「楽天カード」、それに「楽天Edy」の合わせて3社の顧客情報を管理するシステムに不備が見つかったと社外から指摘があったということです。

会社が調べたところ、「楽天市場」に出店する事業者の代表者や、ローンを申し込んだ事業者、それにスマートフォンなどが故障し、電子マネーの残高を別の端末に移すことを申し込んだ人の個人情報を含む延べ148万件の情報が外部から不正にアクセスできる状態になっていたということです。

このうち、614件の情報が海外から不正にアクセスされたことが分かり、今のところ、被害の情報は入っていないということです。

先月26日までに外部からアクセスできないようにシステムの設定を変更したうえで、ほかにも不正なアクセスがないか調査を進めているということです。

楽天は「ご迷惑とご心配をおかけしたことを心より深くおわびします。セキュリティー管理の強化などを行って再発防止に努めます」とコメントしています。