作詞家 なかにし礼さん死去 82歳「北酒場」「石狩挽歌」など

「北酒場」や「石狩挽歌」など、昭和を代表するヒット曲の作詞家で、直木賞作家のなかにし礼さんが、23日、心筋梗塞のため東京都内の病院で亡くなりました。82歳でした。

なかにし礼さんは、昭和13年に旧満州、今の中国東北部に生まれ、終戦後、日本に引き揚げました。

東京の大学に入学してからシャンソンの翻訳を始め、大学卒業後に作詞家となり、由紀さおりさんの「手紙」や、いしだあゆみさんの「あなたならどうする」など、男女の複雑な恋愛感情を情感豊かにつづった作詞で数々のヒット曲を生み出しました。

このほかにも、北原ミレイさんの「石狩挽歌」や、菅原洋一さんの「今日でお別れ」、細川たかしさんの「北酒場」など、なかにしさんが作詞した歌は4000曲以上に上ります。

昭和60年代に入り本格的に小説やエッセーなどを書き始め、明治から昭和初期の長崎の花街を舞台にした「長崎ぶらぶら節」で、平成12年に直木賞を受賞しました。

また、みずからの戦争体験をもとに旧満州からの引き揚げをテーマに描いた小説「赤い月」は、のちに映画やテレビドラマにもなりました。

さらに、妻の石田ゆりさんの家族をモデルにした小説「てるてる坊主の照子さん」は、平成15年に放送されたNHKの連続テレビ小説「てるてる家族」の原作になりました。
文筆活動のかたわら、なかにしさんはテレビやラジオの出演のほか、みずからの体験を踏まえて、平和の大切さを語る活動を続けていました。

なかにしさんは平成24年に食道がんであることを公表し、同じ年に復帰しましたが、その後、がんが再発し、その治療の経過を書いたエッセーを出版するなど、仕事を続けていました。
親族によりますと、なかにしさんは先月から体調を崩し入院していたということで、23日、東京都内の病院で心筋梗塞のため亡くなりました。82歳でした。

葬儀や告別式は親族のみで執り行うということです。

細川たかしさん「また1人 昭和の偉人が 残念でなりません」

「心のこり」や「北酒場」など、なかにし礼さんが作詞を手がけた楽曲を数多く歌った歌手の細川たかしさんは、「心のこり」と「北酒場」を作曲した中村泰士さんも今月20日に亡くなったことを踏まえて、「また1人昭和の偉人が亡くなってしまい残念でなりません。長い間闘病されていたと聞いていたので、今は天国でゆっくりとお休みくださいと祈るばかりです。私のデビュー曲『心のこり』を作詞していただいたのが最初の出会いでした。『私バカよね、おバカさんよね』冒頭の歌詞があまりにインパクトが強く、よくキャンペーンなどで子どもに『あっおバカさんが歩いている』などと言われるほどでした。もともとタイトルが『私バカよね』でしたがデビュー曲でこのタイトルはかわいそうだと、先生が『心のこり』とつけてくれたんです。その7年後『北酒場』も先生の作品で私にとっての代表曲です。先生本当にありがとうございました。心よりご冥福をお祈りしております」とコメントを出しました。

由紀さおりさん「これからも大切に歌っていきます」

なかにし礼さんが作詞した「手紙」を歌った歌手の由紀さおりさんは、「本当にびっくりしました。ご病気を発表されてから、いつかはこういう日が来るとは覚悟しておりましたがやはり現実となるとショックです。1970年に『手紙』という曲を頂いて、大阪万博の会場で初めて歌った時に、これで歌い手人生を続けられると感じました。それから52年、この手紙という曲とともに生きてきました。これからも大切に歌っていきます。先生、ありがとうございました」とコメントを出しました。

なかにしさんの長男「伝えたい事 まだまだあった」

なかにし礼さんが亡くなったことについて、所属事務所が長男のコメントを発表しました。

この中で、「やりたい事や伝えたい事は、まだまだあったと思うので残念でなりません。父の作品には、いつも父が伝えたい事が深く書かれていました。その思いを感じて頂きながらもこれからも父の作品と親しんで頂けましたら幸いです」としています。

そして「父は最期まで格好良く色気があっていい男でした。激動の昭和から現代まで生き抜いてきた人です。最期は家族だけで静かに見送らせて下さいますようよろしくお願い申し上げます」とつづっています。

事務所によりますと、葬儀は家族のみで執り行うということですが、後日、「お別れの会」を開く予定だということです。

北原ミレイさん「はだしになって歌え」

なかにし礼さんが作詞した「石狩挽歌」を歌った歌手の北原ミレイさんは、「突然の知らせに悲しすぎてことばが出ません。45年前にお会いして本当に思い出であふれています。石狩挽歌のレコーディングでは『ハイヒールなんか脱いではだしになって歌え』と叱られ、うまく歌えず悩んでいたら『一度歌の舞台を見たほうがいい』と北海道に連れて行って下さったり、ついこのあいだの事の様です。もう悲しすぎて悲しすぎてまだまだ礼先生との思い出話は尽きませんが、ことしも春先に番組でご一緒するはずでしたがコロナで中止になりお電話で『久しぶりにお前の生の歌を聴きたかったよまたそのうちにな!』これが先生との最後の会話でした。クリスマスに逝っちゃうなんて本当に最後までダンディーでカッコいい礼先生、長い間お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。『石狩挽歌は、私の宝物!』そして『なかにし礼は、私の永遠の憧れ!』心よりご冥福をお祈り申し上げます」とコメントを出しました。