菅首相が陳謝「私自身も事実と異なる答弁 大変申し訳ない」

「桜を見る会」の前日夜の懇親会をめぐる問題で安倍前総理大臣の秘書が略式起訴されたことに関連し、菅総理大臣は24日夜、総理大臣官邸で「私自身も事実と異なる答弁になってしまったことは大変申し訳ないと思っている」と陳謝しました。

この中で、菅総理大臣は「国会において安倍前総理大臣が説明を行ってきたことと事実が違っていたことについては、重く受け止めたい」と述べました。

そのうえで「私はこれまで、この問題について、安倍氏が国会で答弁した内容について、必要に応じて安倍氏に確認をしながら答弁をしてきた。しかしながら、私自身も事実と異なる答弁になってしまったことについては国民の皆さんに大変申し訳ないと思っている」と陳謝しました。

また、記者団が「野党などから懇親会の会費は疑問点が示されており、丁寧に対応すべきだったのではないか」と質問したのに対し「ホテルにおける料金設定は、それぞれ行われている。私個人のことではなく、ほかの政治家の政治活動の一つであり、いくら官房長官でも確認することはできなかった」と述べました。

一方、「桜を見る会」について政治の責任で再調査する考えはないか問われ「国会の中で質疑応答がきちんと行われてきている。そうした予定はない」と述べました。