Go Toトラベルの再開 「年明けに判断」 赤羽国土交通相

赤羽国土交通大臣は、24日の参議院・国土交通委員会の閉会中審査で年末年始の間、運用を一時停止する「Go Toトラベル」の再開については年明けに感染状況などを見極めて政府として判断する考えを示しました。

この中で、今月28日から来月11日までの間、全国一斉に停止される「Go Toトラベル」について再開時期を問われたのに対し、赤羽国土交通大臣は、「1月12日以降は、また元に戻すというのが原則だと思うが、年が明けてみないと感染状況も定まらないと思うので、判断する時期がタイトになることは、ご理解いただきたい」と述べて、年明けにも感染状況などを見極めながら事業を再開するかどうか政府として判断する考えを示しました。

また、事業の運用停止に伴うキャンセル料の取り扱いについて問われたのに対し、観光庁の蒲生観光庁長官は、「より広く丁寧に周知する観点から利用者が無料でキャンセルできる期間を今月27日までに延長することにした。引き続き、旅行者と事業者の双方に混乱が生じないように分かりやすい情報提供と周知徹底に努める」と述べました。