上皇さま 87歳の誕生日 新型コロナの人々への影響案じられる

上皇さまは、23日、87歳の誕生日を迎えられました。

宮内庁によりますと、上皇さまは、上皇后さまと共に、新型コロナウイルスの感染が国内外で拡大し、人々の健康と日常生活に大きな影響を及ぼしていることを深く案じ、感染症への理解と感染防止のための医学的、社会的な取り組みに関心を向けられてきました。

感染拡大によって社会活動が大きな制約を受ける中、さまざまな形で支えてきた青年海外協力隊員の活動にも影響が出ていることを心配されているということです。

また、沖縄に寄せる思いは今も変わるところがなく、首里城の焼失を悲しみ、再建が着実に進むことを願っているほか、東日本大震災で全村避難となった福島県飯舘村の村長の退任が報じられた際には、お見舞いに訪れた当時を振り返りながら、被災地のその後の様子を案じられていたということです。

ことしの3月末から暮らしている仮住まい先の仙洞仮御所では、上皇后さまと日課の朝夕の散策を続けるとともに、週に2回、感染防止対策を講じながら、皇居にある生物学の研究所に通われていて、ハゼ科の魚類に関する新たな論文の完成が近づいているということです。

上皇さまは、体調に特段の問題はないものの、年をとり、上皇后さまに昔の出来事などを尋ねることが多くなったということで、時に勘違いや戸惑いがあっても、お二人で一緒に笑いながら記憶を新たにされているということです。

上皇さまのことしの誕生日は、感染の拡大で国民生活が一層厳しくなっていることから、記帳を含めたすべての行事が取りやめられます。

宮内庁が映像を公開

上皇さまの誕生日にあたって宮内庁が公開した映像には、先月24日、上皇さまが上皇后さまとともに、東京・港区の仮住まい先の庭を散策された際の様子が収められています。

上皇さまは、上皇后さまと腕を組みながらゆっくりと歩き、花壇に咲いたバラの花やみかんの木などを笑顔でご覧になっていました。