バス停は300メートルごとに! 路線バスの活路は

バス停は300メートルごとに! 路線バスの活路は
“廃止1000キロ”
何のことかというと、東北地方で一年間に廃止されたバス路線の距離です(東北運輸局まとめ)。人口100万を超える仙台市の市営バスも13年連続の赤字、バス業界は苦境に立たされています。そんななかメインの利用者である高齢者のニーズを徹底的に掘り起こし、利用者の増加につなげたバス会社があります。路線バスに活路はあるのでしょうか。(仙台放送局記者 塘田捷人/山形放送局記者 桐山渉)

4年間で10%減少

今バス会社は、かつてない厳しい状況に立たされています。

昨年度は全国の事業者の72%が赤字。原因はもちろん利用客の減少です。東北の主な路線バスの利用客数は、平成27年度からわずか4年間で、およそ10%減少しました。

経営を維持するため不採算路線を廃止した結果、利便性が悪くなりさらに利用客が減る、こうした負のスパイラルに陥っているのです。

100円稼ぐのに、1500円のコスト

人口109万人、杜の都・仙台も例外ではありません。

街には仙台市営バスが走り、年間延べ3800万人が利用しています。しかしここでも利用者の減少に歯止めがかからず、13年連続の赤字です。
仙台市交通局は、経営の実態を把握しようと、路線ごとの収支を調べました。すると1つを除いてすべての路線が赤字に。中には100円の収入を得るのに、1500円近く経費がかかっている路線もありました。

自前の運転手を減らし、民間業者にバスの運行を委託するなど経営努力も行っています。それでも赤字が減らないのは、利用客の減少以外に理由があるからです。
それは運行区間が重複する路線が多いこと。仙台では中心街に近づけば近づくほど、郊外から来たバスが何台も連なっているのをよく目にします。

およそ7割のバスが仙台駅に向かっているため、駅周辺では乗客を乗せていないバスが目立ちます。これが経営効率の悪化につながっているのです。

路線削減に踏み切れない事情

ではなぜ重複する路線を減らせないのか?それは街の発展の歴史と関係があります。
高度経済成長期に仙台市では郊外で住宅地の整備が進み、そのたびにバス路線が増えていきました。住民の多くは通勤や通学で中心街に向かうため、仙台駅に向かうバスが多くなりました。バス路線の合理化を進めたくても、利用客の理解は得にくいのが実情です。

また郊外の住宅地には高齢者が多く住んでいて、路線を廃止しにくいという事情もあります。

仙台市交通局の担当者はこう話しています。
仙台市交通局 浅野課長
「仙台駅に直通するバス路線を作ってほしいという声に応えながら路線を増やしてきた。厳しい経営状況の中でも、市民の移動手段を確保していかなければならない」

高齢者のニーズつかみ利用者獲得

こうしたなか思い切った路線の見直しで利用者を増やそうと動き出したバス会社があります。日本海に面した山形県鶴岡市で営業する庄内交通です。

この会社が行ったのは、メインの利用者である高齢者のニーズを徹底的に把握すること。そのため国勢調査のデータを基に、市街地で高齢者が多く住む地域を調べました。

またバス利用者を対象にアンケートを取り、「バス停が近いこと」、そして「バスの本数が確保されていること」が、バスを利用するうえで欠かせないことが分かってきました。
分析の結果生まれたのが、1か月2550円でほぼすべてのバスに乗ることができる格安定期券です。

対象は70歳以上や免許を返納した人で、自治体が4分の3を補助することで、この金額で購入できるようになりました。料金を気にせずバスに乗れると利用客の評判も上々です。

中心部の路線を増やしバス停は300メートルごとに!

さらに高齢者が利用しやすいようにと、路線の見直しも検討しています。

鶴岡市の市街地を循環するバスは、現在2系統で運行されていますが、利用客からは「本数が少なく使いづらい」などという声があります。そこで新たにバスを3系統に増やし、それぞれの本数も増やせないか検討しているのです。

小型の車両を導入することで、道路が狭い中心部でもスムーズに運行できるようになるといいます。
そして利用客がバス利用の条件にあげた「バス停を近く」も実現しようとしています。

中心部のバス停の数を増やし、およそ300m間隔で配置しようとしているのです。今後、市や地元の住民と協議を重ね、新たな路線への転換を進めることにしています。

庄内交通の村紀明社長はこう話しています。
村社長
「今後、持続可能なバス会社、路線とは何かと考えれば、時代にあった走り方が必要になってくる。ニーズのあるところにバスを走らせることが欠かせない」

郊外は乗り合いタクシーで

庄内交通では、中心部の路線を充実させ利用客を増やす努力をする一方、郊外の路線は思い切って廃止しました。ただそれでは高齢者の移動手段がなくなってしまいます。
そこでバス会社に代わって、鶴岡市は地域住民などと連携し、乗り合いタクシーの運行を始めました。廃止されたバス路線の沿線を中心に運行し、高齢者が自宅近くで乗り降りできるようにしています。

市街地の路線で庄内交通が利益を出せるようになれば、市から会社に支払われる補助金なども少なくてすみます。浮いた資金を乗り合いタクシーの運行に充てることで、地域全体の公共交通を維持させようとしているのです。

路線の廃止、減便、利用者の減少とすべてが縮小していく一方だった路線バス。しかし1人暮らしの高齢者の増加や免許返納が進む中、バスへのニーズは今後、高まっていくとみられています。

社会の環境が大きく変化する中で、バス会社が生き残っていくためには、ニーズを確実につかんでいく戦略が欠かせないと感じました。
仙台放送局記者
塘田 捷人
平成30年入局
警察担当を経て、現在は仙台市政を担当
山形放送局記者
桐山 渉
平成28年入局
青森局を経て、現所属
酒田支局で1次産業や中小企業などを取材