ソフトバンク 20ギガ月額2980円の料金プラン発表 来年3月から

携帯電話大手のソフトバンクは、来年3月にオンライン専用の新たなブランドを立ち上げて、20ギガバイトで月額2980円の料金プランを導入すると正式に発表しました。また、5G向けの大容量プランを1900円値下げするなど、先に値下げなどを示したNTTドコモに対抗する姿勢を強く打ち出しました。

発表によりますと、ソフトバンクは来年3月にオンライン専用の新たなブランドを立ち上げて、20ギガバイトで月額2980円のプランを導入します。

1回当たり5分以内の国内通話が無料で、新たな通信規格5Gも使えます。

グループになる予定のSNSアプリ・LINEで、申し込みなどの手続きができるようにする予定です。

また、本体の大容量プランも見直し、データ使用量を無制限にしたうえで、5G向けを1900円値下げ、4G向けを900円値下げして、いずれも月額6580円とします。

一方、第2ブランド=ワイモバイルの料金も見直し、ことし10月に発表していた20ギガバイトのプランについては、5Gに対応させ無料通話をなくすなどの見直しを行ったうえで、月額4480円を3780円に改めました。

いずれも先に値下げなどを示したNTTドコモに対抗する姿勢を強く打ち出した内容で、大手どうしの料金競争が激しくなってきました。

ソフトバンクの榛葉淳副社長は都内で開いた発表会で「今回かなり思い切った価格を提示した。わかりやすい料金にしたので、一人一人のライフスタイルに合ったものを選んでほしい」と述べました。

ソフトバンク副社長「新プランに自信」

ソフトバンクの榛葉淳副社長は新たな料金プランの発表のあとNHKのインタビューに応じ、新たなブランドを出したことについて「これからの『1億総スマホ時代』では、スマートフォンの使い方が年代やライフスタイルで違ってくるので、一人一人のライフスタイルにあった3つのブランドを用意した。大容量ならソフトバンク、小容量・中容量ならワイモバイルで2つとも自信があるが、さらに子どものころからスマホに親しんでいる人や安く5Gを使いたい人向けにオンライン専用の新ブランドを設けた」と抱負を述べました。

またNTTドコモと同じく20ギガバイトで2980円の料金プランを打ち出したことについては「常に激しい競争をしているのでNTTドコモの対応は注目をしていたし、最終の意思決定をする中で一つの要素として考えた。価格だけではなく、無料通話アプリのLINEからスムーズに申し込める点などで差別化していきたい」と述べました。

また政府が携帯電話料金の値下げを要請していることについては「菅総理大臣などの発言はつねに真摯(しんし)に受け止めている。企業がもっと知恵を絞って答えを出していくが、方向性は一緒だと思っている」と述べました。

今後の事業展開については「来年は大きな変化のある年だと思っている。コロナ禍の中でスマホがどんな役割を果たすかが見直されている。顧客にもっと知ってもらい選んでもらえるよう最大の努力をしていく」と述べました。