共産 志位委員長「医療従事者に国が特別手当給付を」

新型コロナウイルスの感染拡大で医療現場がひっ迫する中、共産党の志位委員長は記者会見で、すべての医療従事者に国が直接、特別手当を給付すべきだという考えを示しました。

この中で志位委員長は「年末年始にかけ、大規模な医療崩壊が起きることを阻止しなければならない。そのために政治があらゆる対策を取る必要がある」と指摘しました。

そのうえで志位氏は「医療従事者の人たちは今、大変困難な状況で頑張られている。苦労にしっかり応える姿勢を示すことが何より重要で、すべての医療従事者に国が直接、特別手当を給付すべきだ」と述べました。

一方、志位氏は、飲食店などへの営業時間の短縮要請について「感染対策の強化に必要だが、安心して店を閉められるようにするには補償を思い切って増やさないといけない」と述べました。