新潟・群馬の山沿いで大雪 18日夜以降 雪は再び強まるおそれ

東北から中国地方にかけての山沿いを中心に雪が降り続き、特に新潟県と群馬県の山沿いでは、この3日間で積雪が2メートル前後に達する大雪となって立往生など、大きな影響が出ています。雪は18日夜以降、再び強まるおそれがあり、積雪や路面の凍結による交通への影響のほか、雪崩や雪下ろし中の事故に十分な注意が必要です。

気象庁によりますと、上空の強い寒気と冬型の気圧配置の影響で東北から中国地方にかけての山沿いを中心に雪が降り続いています。

特に新潟県と群馬県の山沿いでは、この3日間で急激に雪が積もり、17日午後6時の積雪は、
▽群馬県みなかみ町藤原で2m6cm
▽新潟県湯沢町で1m80cmで、
積雪の深さは、いずれも平年のこの時期の7倍を超えています。

雪はいったん弱まっているものの、18日の夜から日曜日にかけて上空に強い寒気が流れ込むため、
▽北日本や北陸は18日の夜から
▽関東北部と長野県では19日から、再び雪が強まると予想されています。
18日夕方までの24時間に降る雪の量は、いずれも山沿いの多いところで、
▽東北の日本海側と新潟県で40cm
▽北陸と長野県で20cm~30cm
▽関東北部で30cmと、予想されています。

その後、19日夕方までの24時間には、
▽新潟県で60cm~80cm
▽東北で50cm~70cm
▽関東北部で40cm~60cm
▽北陸と長野県で20cm~50cm
などと予想され、積雪がさらに増えるおそれがあります。

気象庁は、引き続き積雪や路面の凍結による交通への影響のほか、雪崩、電線や樹木への着雪にも十分注意するよう呼びかけています。

いったん雪が弱まっても、雪下ろしをする際には十分な注意が必要です。

▽ヘルメットや命綱を着用し
▽作業は2人以上で行うほか
▽軒先からの落雪や、用水路への転落には気をつけてください。

政府 官邸対策室で情報収集と警戒

大雪への対応を強化するため政府は、午前7時45分に総理大臣官邸の危機管理センターに設置していた情報連絡室を官邸対策室に切り替えて、情報収集と警戒にあたっています。

積雪2メートル超 群馬 みなかみ町で除雪作業

一部の地区で積雪が2メートルを超えた群馬県のみなかみ町では、17日も除雪作業に追われていました。

群馬県の山沿いではこの3日足らずで急激に雪が積もり、17日午前11時の積雪はみなかみ町藤原で2メートル3センチと大雪になっています。

藤原地区に隣接する粟沢地区でも雪が降り積もり、除雪作業に追われていました。

道路工事の交通整理を行っている警備員の男性は「きのう帰ったときよりも積雪がさらに50センチ程度増えている。工事の車が止められないので除雪作業をしている」と話していました。

また、自宅の車庫から車を出そうと除雪をしていた男性は「70年以上ここに住んでいるが、こんなに雪が降るのは初めてです。これだけ雪が積もると屋根が潰れないか心配です」と話していました。