新潟 群馬の山沿い 24時間で1メートル超の降雪 交通影響警戒を

強い寒気の影響で、新潟県や群馬県の山沿いでは朝までの24時間に降った雪の量が1メートル20センチ前後と統計を取り始めてから最も多くなる大雪となっています。
このあとも北日本から西日本の日本海側を中心に雪は降り続く見込みで、気象庁は、交通への影響に警戒し、雪崩などにも十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、冬型の気圧配置が強まり上空に今シーズン最も強い寒気が流れ込んでいるため、北海道から中国地方の日本海側を中心に雪が降り続いています。
特に、新潟県と群馬県の山沿いでは24時間に降った雪の量が群馬県みなかみ町藤原で午前5時までに1メートル28センチ、新潟県湯沢町で午前4時までに1メートル13センチと、いずれも統計を取り始めてから最も多くなっています。

このあとも日本海側を中心に断続的に雪が降り17日朝までの24時間に降る雪の量はいずれも山沿いの多いところで、
新潟県で100センチ、
関東北部で80センチ、
東北の日本海側と北陸、長野県、それに近畿北部で70センチ、
中国地方で60センチ、
岐阜県と東北の太平洋側で50センチ、
北海道の日本海側で40センチと予想されています。

東海や近畿の平地でも雪が積もるおそれがあります。
気象庁は積雪や路面の凍結による交通への影響に警戒するとともに、雪崩のほか電線や樹木への着雪にも十分注意するよう呼びかけています。

岩手 平年の4倍超の大雪

岩手県内では内陸南部の山沿いで断続的に雪が降っていて、西和賀町では午前11時時点で1メートル26センチの積雪を観測し、平年のこの時期の4倍以上の大雪となっています。

盛岡地方気象台によりますと日本付近は強い冬型の気圧配置となっていて、岩手県内では内陸南部の山沿いで15日から断続的に雪が降っています。

午前11時時点の積雪は、西和賀町で1メートル26センチ、一関市祭畤(まつるべ)で1メートル3センチと各地で平年のこの時期と比べて4倍以上の大雪となっています。

また、平野部でも北上市で37センチ、一関市で32センチの積雪となっています。

強い冬型の気圧配置は17日にかけて続き、気温が低く雪が降りやすい状況が続く見込みです。

秋田 除雪中の事故でけが人相次ぐ

警察によりますと、16日午前3時前、秋田県横手市城南町で、自宅前で除雪作業をしていた68歳の女性が足を滑らせて転倒し、市内の病院に搬送されました。女性は右足の骨を折る大けがをして病院で手当てを受けています。

また横手市消防本部によりますと、16日午前5時すぎ、横手市内の住宅前で除雪作業をしていた60歳の男性が除雪した雪を流す流雪溝のふたに右手をはさんで指の骨を折る大けがをしたということです。

秋田県によりますと、県内では14日から除雪中の事故が相次いでいて、16日午後4時までに合わせて7人がけがをしたということです。

新潟 除雪中の転落や除雪機でのけが相次ぐ

新潟県内の各地の消防などによりますと、雪の影響で15日、合わせて6人がけがをしたということです。

このうち小千谷市では、50代の男性が自身が勤める会社の敷地で除雪機を操作していたところ、右手を巻き込まれ2本の指を切断したほか、80代の男性は建物の屋根の雪下ろしをしていたところ、転落して後頭部を打ちましたが軽傷だということです。

また、妙高市では除雪機を操作していた50代の男性が機械に詰まった雪を取り除こうとしたところ、右手を巻き込まれ3本の指の骨を折る重傷のほか、十日町市では40代の男性が自宅敷地内で除雪機に詰まった雪を取り除こうとして左手の骨を折るけがをしました。

さらに魚沼市では79歳の男性が自宅の屋根の雪を取り除こうとはしごを登っていたところ、転落して足にけがをしました。また南魚沼市では50代の男性が車の雪下ろし中に転倒し、左足の骨を折る大けがをしました。