京アニ放火殺人事件 青葉容疑者 殺人などの罪できょう起訴へ

「京都アニメーション」のスタジオが放火され、社員36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、殺人などの疑いで逮捕された青葉真司容疑者について、検察は精神鑑定の結果などから刑事責任を問えると判断し、勾留期限の16日、殺人などの罪で起訴する方針です。

去年7月、京都市伏見区にある「京都アニメーション」の第1スタジオが放火され、社員36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件では、青葉真司容疑者(42)が殺人などの疑いでことし5月に逮捕されました。

捜査関係者によりますと、警察の調べに対し、青葉容疑者は、「ガソリンを使えば多くの人を殺せると思った」、「小説を盗用されたから火をつけた」などと供述しているということですが、動機には不可解な点があるということです。

京都地方検察庁は刑事責任能力を調べるためことし6月から半年間にわたって「鑑定留置」を行い、専門家による精神鑑定を行いました。

関係者によりますと、精神鑑定の結果などから検察は刑事責任を問えると判断しているということで、勾留期限の16日、青葉容疑者を殺人や放火などの罪で起訴する方針です。