サッカー Jリーグ 来シーズンもJ1昇格は上位2チームのみ

サッカーJリーグは、来シーズンのJ1への昇格についてのルールをまとめ、今シーズンと同様、J2のリーグ戦の上位2チームのみが昇格することを決めました。

今シーズンのJリーグは、新型コロナウイルスによるチームへの影響を考慮して、J1からの降格をなくしJ2からJ1への昇格はリーグ戦の上位2チームにとどめました。

Jリーグは15日、開かれた理事会で来シーズンのJ1への昇格のルールをまとめ、今シーズンと同様、J2のリーグ戦の上位2チームのみが自動的に昇格することを決めました。

これによって3位から6位のチームによるプレーオフは、来シーズンも行われなくなりました。

来シーズンのJ1は、昇格してきた2チームを加えた20チームで開催され、終了時に下位の4チームが自動的に降格します。

また、来年1月4日に予定されているJリーグカップ決勝が万一、中止になった場合は、来シーズンの開幕に向けて、選手の休息期間が十分に取れなくなることなどを踏まえて、代わりの日程は設定しないことも合わせて決めました。

この場合、決勝に進出した柏レイソルとFC東京、両チームとも優勝になるということです。