意思なき同意 その闇に迫る

意思なき同意 その闇に迫る
「あなたわかる?この気持ち」
言葉が胸に刺さりました。彼が療養所に入ったのは11歳のとき。誓約書には「死後の解剖に承諾します」と書かれていました。そこは隔離された施設。詳しい意味は理解できない。誰もが当たり前に署名するしかありませんでした。つい50年ほど前の出来事です。(岡山放送局記者 周英煥)

死んでなお… 問題は解決されていない

私は3年前、岡山県に記者として赴任しました。2つの国立ハンセン病療養所があり、かつて国の誤った隔離政策で入所した元患者がいまもふるさとを離れて暮らしています。

「らい菌」によって皮膚や神経が侵されるハンセン病。
現代では感染することも発病することもほぼありませんが、治療法がなかった時代には後遺症が残ることがあり、さらに「感染しやすい」といった誤った認識から偏見や差別が生まれました。

何度か療養所を取材に訪れていましたが、心のどこかですでに解決された問題だと考えていました。
ことし9月ある記事が目に留まりました。

熊本県にある国立ハンセン病療養所「菊池恵楓園」が行った解剖に関する調査について。

記事には昭和40年までに少なくとも389人の解剖が行われていたと書かれていました。しかも入所する時に一律で解剖に同意する書類を提出させていた時期もあったといいます。療養所は報告書に「人権軽視というそしりは免れない」と書いていました。

死んでなお人としての尊厳を踏みにじるような行為が行われていたかもしれない。解決されてなんかいない。そう感じたのが、今回の取材のきっかけでした。

不明な点多い遺体解剖

調べてみるとハンセン病をめぐる遺体解剖の問題は、15年前の国の検証会議ですでに指摘されていました。報告書にはこう書かれています。
「解剖は完全にルーチン化していた。亡くなった患者を研究対象物として扱い、直前まで生を営んでいた人間としての尊厳は完全に無視されている」
そもそも解剖は、「死体解剖保存法」で医学研究などの目的なら原則として遺族の同意のもと行うことができます。ただ各地の療養所では法律ができる昭和24年より前から治療や研究目的で解剖が行われていたとされています。

果たして、すべてが必要な解剖だったのか。しかしそれを確かめる文書はほとんど把握されておらず、検証会議の報告書にも解剖の数や具体的な同意のしかたなどは書かれていませんでした。

“闇”を明らかに

言わば療養所の“闇の部分”。その一端が、初めて389人という数字とともに浮かび上がってきていました。

岡山ではどうだったのか?全国では?次々と疑問が湧いてきました。1から調べてみよう。熊本を除く全国12の国立の療養所にアンケート調査を行うことにしました。

解剖に関する文書が残されているのか。
解剖された人数は。

国にとっては“負の歴史”です。
果たして療養所は答えてくれるのか。

数字が次々と

アンケートを送って3週間が経ったころから回答が届き始めました。

「解剖の事実はあったが、詳細な文書は残されていない」。

多くの療養所が具体的な人数は分からないと回答する中、目を疑う数字がありました。
「解剖の人数 1080人」(※のちに1人追加と訂正)

鹿児島県の星塚敬愛園。それは熊本をはるかに上回る人数でした。

解剖の承諾書やカルテなど文書が残されていたのは7つの療養所にのぼりました。
さらに星塚敬愛園は「開園以来すべての解剖の事例を把握している」とも書いていました。

さらなる事実がわかるかもしれない。

「残されている文書を見せてほしい」
そう依頼すると取材に応じると連絡がきました。私は鹿児島に向かいました。

解剖の全記録があった

鹿児島市内から、フェリーと車で2時間。一面に畑が広がる鹿屋市の郊外に星塚敬愛園はありました。

元患者たちはどんな思いでふるさとを離れ遠くこの地まで来たのか。そんなことを思いながら療養所の門をくぐりました。

事務所で迎えてくれたのは、研究検査科長を務める医師の北島信一さん。
北島さん
「過去の事実を多くの人に知って欲しいという思いで取材に応じました」
そう話し、古い文書を目の前に運んできてくれました。一部は破れかけ、黄ばんでいます。

入所者の名簿や解剖記録…

思わず息をのみました。
文書には療養所が設立された昭和10年から平成15年までおよそ70年にわたって解剖が行われていたことが記録されていました。

昭和前期にはすでに有効な治療薬が開発され平成8年には「らい予防法」の廃止によって隔離政策に終止符が打たれていました。解剖はその後も行われ、入所者の病状や解剖した臓器の状態などすべてが残されていたのです。

解剖された割合100%が物語ること

北島さん
「記録を見ると、確かに医学的な目的で解剖されていたと言えるでしょう。ただ同意の取り方についてはいま考えれば人権への配慮が不十分だったと強く思っています」
そう言うと北島さんが作ったというあるグラフを見せてくれました。
亡くなった人のうち解剖された割合です。

昭和10年から昭和19年までは毎年100%。その後も終戦直後をのぞいて昭和35年ごろまでほぼ5割以上で推移していました。

この極めて高い割合で遺体の解剖が行われた背景に「同意の取り方」があったといいます。
入所する時に署名しなければならなかった「誓約書」。
園内の規則など守るべき項目の最後に、こう記されていました。
「治療および学術のため、亡くなった場合には解剖を承諾する」
北島さん
「子どものころに入所した人も多く、すべてをわかって署名していたとは考えにくい。入所した時点で解剖されることが前提となっていて、不十分な同意の方法だったと思います。差別や偏見から家族と関係を絶たれていた人も多く、遺族からの同意も難しい状況だったのではないか」
「誓約書」への署名は昭和45年ごろまで続いたといいます。

死体解剖保存法には「遺体を扱う際、礼を失わないように」という規定もあります。

当時の医師の倫理観についても尋ねてみました。
北島さん
「解剖後の遺体の取り扱いを医師が入所者に任せていたケースもあったようです。最後まで礼を尽くしていたとは言えない実態があったと思います」

わかる?この気持ち

療養所の自治会長を務める岩川洋一郎さん(83歳)。11歳の時に親元を離れここに来ました。
岩川さん
「療養所ではなく『収容所』でした。無理やりではなくても『誓約書にサインしてください』と言われたら当時は誰もが署名するしかなかったと思います。わかる?この気持ち。『少しでも世の中のためにできることがあるなら』と医療の発展を信じて受け入れた人もいたのではないでしょうか」
数十年前の出来事が、現実として胸に迫りました。

“不明”の文書、まだどこかに

今回、アンケートで解剖の人数が分かったのは2つの療養所だけ。カルテなどが残っていても人数など詳細はわからないという所も多くありました。

さらに文書が残されていない。または残っているかどうか「不明」と回答した療養所も5か所ありました。

そうした療養所の1つ香川県の大島青松園で暮らす森和男さん(80歳)。全国の入所者で作る協議会の会長を務めています。

文書の保管状態が悪かったことを覚えているそうです。
森さん
「昔は予算も少なく文書の保管場所は非常に粗末でした。雨漏りでカルテがぬれてボロボロになり、焼いてしまったみたいです。適切に記録を取る、記録が書かれた文書を残すべきという認識すら当時はなかったのだと思います」
各地の療養所にはまだどこかに文書が残されている可能性があります。

しかしアンケートで文書の有無を改めて調べると回答した療養所は1か所のみ。多くは調査を行わないとしています。

時間は限られている

このままでは解剖の実態が埋もれかねません。全国の療養所で暮らす元患者たちの平均年齢は85歳を超えています。

ハンセン病の問題に詳しい九州大学の内田博文名誉教授は、全国の療養所に残された文書を徹底的に調べ直し、保存・検証していくべきだと話しています。
内田名誉教授
「今回の調査結果はあくまで氷山の一角だと思います。療養所の解剖がどう研究につながったのかなど疑問も残ります。文書が残されていないと答えた療養所でも、詳しく調べたら見つかるかもしれません。専門家を巻き込んで組織的に調査・検証を実施するべきです。高齢化のことを考えると残された時間は限られています」

“人間の尊厳”を守るために

「これは“人間の尊厳”に関わる問題なんだ」

元患者の1人はそう話しました。そうした過去から目を背けてはならない。そして、それを知る手がかりとなる文書を丁寧に残していくことが欠かせないと取材を通して強く感じました。

「あなたわかる?この気持ち」

岩川さんの言葉を胸に刻み、これからも取材を続けていきたいと思います。
岡山放送局記者
周英煥
平成29年入局
岡山市政を担当し、ハンセン病や戦争などを取材