愛知 大村知事 GoToトラベル除外検討「一定規制やむをえない」

政府が、新型コロナウイルスの感染が拡大している名古屋市を「Go Toトラベル」の対象から除外するか検討していることに関連して、愛知県の大村知事は、県としても扱いを検討しているとしたうえで、名古屋市の医療体制を守るために一定の規制をかけることもやむをえないとの認識を示しました。
また、今月18日までとしている名古屋市中心部の一部の飲食店やカラオケ店への営業時間の短縮の要請については、延長を検討する考えを示しました。

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、政府は、14日にも対策本部を開き、感染が拡大している名古屋市を「Go Toトラベル」の対象から除外するかなどを検討することにしています。

これについて、愛知県の大村知事は記者会見で「西村経済再生担当大臣から『名古屋市を対象から除くことができないか検討してほしい』と話があり、真剣に検討している」と述べました。

そのうえで「経済は回さないといけないが、いちばん大切なのは医療体制の維持だ。名古屋市内がひっ迫してきているのは事実であり、医療体制を守っていくために必要だということであれば、規制をかけるのはやむをえない」と述べました。

また、今月18日までとしている名古屋市中心部の一部の飲食店やカラオケ店への営業時間の短縮の要請については「感染が収束していない。18日に要請の期限が来るが、打ち切るのは厳しいのではないか」と述べ、延長を検討する考えを示しました。

名古屋市 河村市長は「遺憾 承服できない」

一方。名古屋市の河村市長は、記者会見で「Go Toトラベル」の効果で景気が上向いているとしたうえで「遺憾で、なかなか承諾できない。国と県にも除外しないよう求める文書を提出する」と述べました。