岩手県 新型コロナ 過去最多の43人感染確認 計295人

岩手県と盛岡市は県内で1日の感染者としては過去最多となる43人が新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

新たに感染が確認された43人のうち、41人は院内感染によるクラスターが発生した雫石町の「鶯宿温泉病院」の入院患者や職員の家族などです。

内訳は入院患者が50代から90代の男女38人、病院職員の家族が10歳未満の男の子と20代の保育士の女性、それに病院に出入りする委託業者で60代の女性1人となっています。

この病院ではきのうまでに看護師ら合わせて22人の職員の感染が確認されていて病院での感染者は合わせて63人となりました。

重症者はいないということです。

県では国のクラスター対策班に派遣を要請し、感染拡大の対策を進めることにしています。

またこのほか、すでに入院患者などに感染が確認されている盛岡市の県立中央病院の20代の看護師の女性と40代の入院患者の女性の感染も発表され、県内で感染が確認された人は295人となりました。