「バンテリンドーム ナゴヤ」に ナゴヤドームの名称変更へ

プロ野球・中日の本拠地ナゴヤドームは、地元の大手医薬品メーカーが命名権を取得し、来月から名称が「バンテリンドーム ナゴヤ」に変更されることになりました。これは10日、ナゴヤドームと名古屋市に本社がある大手医薬品メーカーの興和が、名古屋市内のホテルで会見をして発表しました。

それによりますと、興和側が企業ブランドの知名度を高めるために、ことし夏からナゴヤドームの命名権取得の検討を進め、ナゴヤドーム側と協議を続けた結果、このほど合意したということです。

契約期間は5年で球場の名称は来月1日から「バンテリンドーム ナゴヤ」に変更されます。

23年前にオープンしたナゴヤドームが命名権を導入するのは今回が初めてです。

ナゴヤドームの白井伸明常務は「今回の命名権は地域の発展にもつながると考えている」と話していました。

命名権を取得した興和の早川卓宏常務は「地元に根づいてやってきた企業として、これからもしっかり取り組んで、地域の活性化に貢献したい」と話していました。