年末年始コロナ医療態勢整備 都道府県に呼びかけへ 厚生労働相

新型コロナウイルスへの対応をめぐり田村厚生労働大臣は、年末年始も発熱患者などの検査や診療ができるよう、都道府県に態勢の整備を呼びかける考えを示しました。

田村厚生労働大臣は、参議院厚生労働委員会で「年末年始は医療機関の多くが閉められると思うので、一定程度開けてもらい、診療や検査、電話相談ができる医療機関の確保を都道府県にお願いしている」と述べました。

そのうえで、「新型コロナは年末年始を待ってくれないので、発熱などの症状が出た時に十分に対応できる態勢を整えるよう、しっかりと対応をお願いしていきたい」と述べ、都道府県に態勢の整備を呼びかける考えを示しました。

一方、製薬大手ファイザーなどが開発したワクチンについて「申請が出てきて、しっかりと有効性や安全性を確認したうえで薬事承認を出し、接種体制を確保したうえで接種を始める」と述べました。