日本企業も出資 米料理宅配最大手「ドアダッシュ」 米で上場

アメリカの料理宅配サービス最大手の「ドアダッシュ」が9日、ニューヨーク証券取引所に上場しました。日本のソフトバンクグループも出資する新興企業で、この日の終値は公開価格を85%上回って、時価総額は日本円で6兆円を超えました。

9日、ニューヨーク証券取引所に上場した「ドアダッシュ」は2013年に創業した料理の宅配サービス事業者で、アメリカではウーバーなどを抑えて市場シェアで半分を超える最大手です。

上場日の9日は公開価格の102ドルに対して終値は189ドルと85%上回り、企業価値を示す時価総額は601億ドル、日本円で6兆2600億円余りの大規模上場になりました。
新型コロナウイルスの感染拡大で料理などの宅配サービスの需要はアメリカでも増えていて、成長への期待を反映した形です。

またドアダッシュにはソフトバンクグループが投資ファンドを通じて出資していて、アメリカメディアは「今回の上場でソフトバンクグループは多くの果実を得ることになるだろう」と伝えています。

アメリカでは感染拡大に歯止めがかからず、実体経済が大きな影響を受ける一方で、株式市場では大規模な金融緩和にも支えられ、新規の上場が相次いでいます。