全国初 弥生時代の川の治水跡見つかる 奈良 橿原

奈良県橿原市の弥生時代の遺跡から、川と川をつなぐ形で人工的に掘った溝の跡が見つかりました。弥生時代の川の治水の跡が見つかるのは全国で初めてだということで、専門家は「集落を守るために弥生時代の人が行った工夫がうかがえる貴重な史料だ」と話しています。

奈良県立橿原考古学研究所が橿原市にある弥生時代の遺跡、およそ6000平方メートルを発掘調査したところ、およそ1900年前の弥生時代後期のものとみられる川の跡などが新たに見つかりました。

また、蛇行した川に接続する形で幅およそ1.5メートル、深さが40センチほどの水路のような人工の溝がおよそ50メートルにわたって掘られていたことが分かりました。

現場が低地であることや、人工の溝には農業用として使われた場合の特有の特徴もみられないことから、一定の水深を超えた川の水をう回させたり、あふれ出た水が近くの集落に流れ込むのを防いだりするために使われたとみられるということです。

研究所によりますと、弥生時代の川の治水の跡が見つかるのは全国で初めてだということです。

古代の治水に詳しい奈良大学の小山田宏一教授は「古墳時代以降に大規模な治水工事が行われていたのは分かっているが、弥生時代にも集落の身近なところで、比較的小規模な川の治水が行われていたことが分かる貴重な史料だ」と話しています。