大分 佐伯の養鶏場 簡易検査で鳥インフルエンザ陽性確認

9日、大分県佐伯市の養鶏場で、複数のニワトリが死んでいるという連絡が県に寄せられ、簡易検査の結果、鳥インフルエンザの陽性反応が出たことがわかりました。現在、大分県が遺伝子検査を行っていて、10日明け方には結果が判明する見通しです。

9日、大分県佐伯市宇目の養鶏場から「数日前から連続で複数のニワトリが死んでいる」という連絡が県にありました。

大分県が鳥インフルエンザウイルスの簡易検査を行った結果、陽性反応が出たため、現在、検体を大分市内の検査機関に送って遺伝子検査を進めています。

遺伝子検査の結果は、10日明け方には判明する見通しで、鳥インフルエンザウイルスが検出された場合、県は、対策本部会議を開いて、今後の対応を検討するほか、ニワトリの殺処分を進める方針です。

大分県内の養鶏場で鳥インフルエンザが確認されれば、平成23年以来となります。