ジョン・レノンさん 没後40年 NY自宅近くでファン追悼

ビートルズの中心メンバーで、音楽を通じて、世界中に大きな影響を与えたジョン・レノンさんが亡くなってから8日で40年となり、アメリカ・ニューヨークの自宅近くにはファンが集まり、追悼しました。

ジョン・レノンさんは、1980年12月8日夜、ニューヨークの自宅の前でファンを名乗る男に撃たれ、40歳で亡くなりました。

亡くなってからちょうど40年となった8日、ニューヨークは朝から冷え込み、時折、雪が舞う中、自宅のすぐ隣にあるセントラルパークの広場には、ファンが集まりました。

この広場は、ビートルズの曲にちなんで「ストロベリー・フィールズ」と呼ばれていて、一角には記念の碑もあります。

集まったファンは、その記念の碑の上に、平和への願いを書いたメッセージや花を供え、レノンさんが残した「イマジン」やビートルズの曲をギターで弾いたり歌ったりして、レノンさんをしのびました。

レノンさんが生きていれば同い年だという80歳の男性は「レノンさんの曲が大好きです。もし彼が今も生きていれば世界の平和と正義のためにイマジンを歌っていたと思います」と話していました。

また、別の女性は「平和と愛というレノンさんのメッセージをしっかりと受け止めて、私たちは今こそお互いを尊重し合える社会をつくっていくべきです」と話していました。

ことしは新型コロナウイルスの影響で命日にはインターネット上で多くの追悼イベントが企画され、レノンさんの歌を披露し合う催しや、ニューヨークのゆかりの地を紹介するオンラインツアーなどが行われることになっています。

オノ・ヨーコさん「40年たった今もあなたに会いたい」

ジョン・レノンさんが亡くなってから40年となった8日、妻のオノ・ヨーコさんはツイッターに「40年たった今もあなたに会いたい」と記しました。

また、レノンさんの代表曲、イマジンの歌詞を引用して「想像してごらん、すべての人が平和に生きていることを」と投稿しました。

そして、血のようなものがついためがねの写真とともに「ジョン・レノンの死後、アメリカでは143万6000人を超す人が銃によって命を落としている」と投稿しました。

ポール・マッカートニーさん「共に仕事したことを誇りに思う」

ジョン・レノンさんとともにビートルズの中心メンバーだったポール・マッカートニーさんは8日、ツイッターにレノンさんと一緒に写った写真とともに「悲しい日ですが、友人のジョンが世界にもたらした大きな喜びも思い出しました。すばらしい彼と知り合い、共に仕事をしたことを誇りに思い、幸せを感じ続けます」と投稿しました。