東京 板橋区 介護施設で入所者など15人 新型コロナ感染確認

東京 板橋区は区内の介護施設で入所者や職員など合わせて15人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。

板橋区によりますと、区内の介護施設で、先月27日、職員1人が新型コロナウイルスに感染したと確認されたのに続き、今月3日には、入所者1人の感染が確認されました。

このため入所者や職員など180人余りが順次、PCR検査を受けたところ7日までに、入所者8人、職員4人、利用者1人の感染が確認され、この施設の感染者は合わせて15人になりました。

このうち6人は無症状だということです。

区によりますと、施設ではマスクを着用するなど基本的な感染症対策は実施されていたということです。

施設では、消毒を行うとともに今月4日から新規の入所とデイサービスの事業を休止しています。