全閣僚に拉致被害者の救出願うブルーリボン着用を 官房長官

10日からの北朝鮮による人権侵害問題を考える啓発週間を前に、加藤官房長官は、拉致被害者を取り戻すという強い意志を示す機会にしたいとして、すべての閣僚に対し、被害者の救出を願うブルーリボンのバッジの着用を呼びかけました。

政府は、毎年12月10日から16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」としていて、ことしは今月12日に、拉致問題の解決に向けた政府主催のシンポジウムを開くなど、国民への啓発に取り組むことにしています。

拉致問題担当大臣を兼務する加藤官房長官は、8日の閣僚懇談会で、啓発週間について「国民が、拉致被害者や、ご家族の思いを共有するとともに、被害者を取り戻すという強い意志を北朝鮮に対し示す機会にしたい」と述べました。

そのうえで、すべての閣僚に対し、拉致被害者の救出を願うブルーリボンのバッジの着用を呼びかけました。

加藤官房長官は、閣議のあとの記者会見で「北朝鮮による拉致問題は、菅内閣でも最重要課題だ。認定の有無にかかわらず、すべての拉致被害者の1日も早い帰国の実現に向け、ご家族の皆さんに寄り添いながら、あらゆるチャンスを逃すことなく全力で行動していきたい」と述べました。