トランプ大統領 選挙後初の大規模集会 改めて選挙の不正を主張

アメリカ大統領選挙で敗北を認めていないトランプ大統領は、南部ジョージア州で選挙後初めて大規模な集会に参加し、改めて選挙に不正があったと主張しました。トランプ陣営は今も法廷闘争を続けていますが、これまでの裁判では訴えが相次いで退けられています。

トランプ大統領は5日、南部ジョージア州で来月行われる連邦議会上院の決選投票の応援演説のため、選挙後初めて大規模な集会に参加しました。

ジョージア州では、得票率の差がわずかだったため、票の再集計が行われ、民主党のバイデン氏の勝利が認定されています。

しかし、トランプ大統領は演説で「不正が行われ、票が盗まれた選挙結果を受け入れることはできない」と述べ、改めて選挙に不正があったと主張しました。

会場では数千人の支持者から「選挙結果を盗ませるな」という声があがっていました。

アメリカの複数のメディアはトランプ大統領が5日、ジョージア州のケンプ知事に電話をかけ、大統領を正式に選ぶ選挙人による投票で自分に有利になるよう働きかけたと伝えています。

トランプ陣営は今も法廷闘争を続けていますが、これまでの裁判では不正の証拠が不十分だとして訴えが相次いで退けられています。

今月14日には指名された選挙人による投票が行われ、この結果を受けてバイデン氏の勝利が公式に確定することになります。