サッカー 欧州リーグ ラピッドウィーン 北川航也がゴール

サッカーのヨーロッパリーグは3日、各地で1次リーグ第5戦が行われ、オーストリアのラピッドウィーンの北川航也選手がゴールを決めました。

24歳の北川選手はイングランドのアーセナルとの試合で後半2分、味方のシュートが相手に当たり、高く浮いたボールに右足でボレーシュートを決めました。

試合は1対4で敗れましたが、強豪がそろうヨーロッパリーグの舞台で初ゴールを記録しました。

また、ベルギー、アントワープの三好康児選手はブルガリアのルドゴレツ戦にフル出場し、3点目をアシストするなど3対1の勝利に貢献。チームは初の決勝トーナメント進出を果たしました。

スペイン、ビリャレアルの久保建英選手は得点に絡むことができず後半途中で退きましたが、チームは1対0で勝ち決勝トーナメント進出を決めました。