NTTドコモ 月額2980円の若者向け料金新プラン 正式発表

NTTドコモは、主に若者向けの料金プランを新たに設け、20ギガバイトで月額2980円とすると正式に発表しました。また、今の料金プランも値下げする方針を示し、今月中に詳しい内容を明らかにするとしています。

NTTドコモは3日、井伊基之社長が会見し、主に若者向けの新たな料金プランを正式に発表しました。

データの使用量が20ギガバイトで、月額2980円となります。

新たな通信規格の5Gも使え、1回当たり5分以内の国内通話料も含まれています。

KDDIやソフトバンクが先に公表した同じ20ギガバイトの料金プランと比べると、ドコモのほうが安くなります。

来年3月から提供を始めますが、今の料金プランとは明確に区別する形にして、デジタルネイティブと呼ばれるスマホやネットに慣れた若者を主な顧客層と想定し、申し込みなどはオンラインで受け付け、乗り換え手数料なども設けないということです。

また、井伊社長は「既存のプランを月々の使い方に合った形のシンプルな料金プランに見直したい。お得感のある料金に見直していくという考え方だ」と述べ、今の料金プランについても値下げする方針を示しました。

今月中に値下げの詳しい内容を明らかにするとしています。

菅政権のもとで政府が携帯電話料金の値下げを求めるなかで、本体の料金プランを値下げする姿勢を示したのは、大手ではドコモが初めてで、ほかの大手などの対応にも影響を与えそうです。

携帯大手の20ギガ 料金プラン比較

これまでに携帯電話大手が発表した20ギガバイトの料金プランは、消費税などを含まない月額でKDDIが3980円、ソフトバンクが1回当たり10分以内の国内通話を含めて4480円となっています。

これらは、主力とは別のブランドでの料金プランとなっています。

これに対して、ドコモは1回当たり5分以内の国内通話を含めて2980円で、ライバル2社より安い価格に設定しています。

今の料金プランとは区別していますが、本体の料金プランの1つとして位置づけています。

NTTドコモの新しい料金プランとは

NTTドコモが発表した新しい料金プランは、今の料金プランと明確に区別するため、「ahamo」という名前が付けられています。

料金はデータの使用量が20ギガバイトで月額2980円。

新しい通信規格の5Gも使え、1回当たり5分以内であれば国内の通話料金が無料となります。

デジタルネイティブと呼ばれるスマホやネットに慣れた若い世代を主な顧客層と想定していて、申し込みやさまざまな手続きは、すべてWEBサイトや専用のアプリで受け付けるとしています。

新規契約や機種変更に伴う手数料は設けず、事務手数料を無料にするとしています。

2年間の契約を結ぶ代わりに割り引きをする、いわゆる「2年縛り」や解約金は設けていません。

また、ドコモの利用者が「2年縛り」の期間中に、この料金プランに契約を切り替える場合でも、解約金はかからないということです。

ドコモが今提供している5Gに対応した料金プランでは、30ギガバイトで各種の割り引きを除き月額7650円となっていて、これと比較すると使用できるデータ量は減りますが、月額で4000円以上安くなる形です。

一方で、メールアドレスに「@docomo.ne.jp」がつく、いわゆるキャリアメールには対応しません。

NTTドコモは、来年3月からこの新しい料金プランの提供を開始しますが、申し込みの受け付けは3日から始めるということです。

携帯電話料金めぐる動き

携帯電話料金をめぐっては菅総理大臣が値下げに強い意欲を示す中、各社が相次いで新たな料金プランを打ち出しています。

KDDIとソフトバンクは、データの使用量が20ギガバイトの料金が海外と比べて割高だという政府の指摘を受けて、ことし10月、いずれも主力とは別のブランドで新たな料金プランを発表しました。

しかし、武田総務大臣は大手各社が主力のブランドで新たな料金プランを発表していないことを「問題だ」と指摘し、料金が下がったことを利用者が実感できるようにすることが必要だという認識を示しました。

今回、NTTドコモはこうした指摘に応える形で、今の料金プランについても値下げする方針を示しました。

最大手のNTTドコモが本体の料金値下げに踏み切る姿勢を示したことで、今後KDDIやソフトバンク、楽天や格安スマホ会社がどのように対応するかが焦点となります。

加藤官房長官「各事業者が創意工夫して」

加藤官房長官は午後の記者会見で「個別の料金プランについて、一つ一つコメントするのは差し控えたい」としたうえで、「総務省が『アクション・プラン』を公表して以降、事業者が低廉な料金プランを発表するなどの動きがあることは、利用者にとって望ましいことだ」と述べました。

そのうえで「各事業者が創意工夫を凝らしながら、切さたく磨してもらい、結果として、利用者にとって安くて分かりやすく、納得感のある料金やサービスが早期に実現することを期待したい」と述べました。