コロナ禍の冬 “脱水”に注意を

コロナ禍の冬 “脱水”に注意を
「頭痛」や「食欲不振」、「筋肉痛」などの症状。実はそれ、“冬の脱水”が原因かもしれません。夏の熱中症の時期だけでなく、冬にも多くみられる“脱水症状”。さらにコロナ禍で迎えるこの冬は、いつもとは状況が違ってきています。(ネットワーク報道部記者 井手上洋子・目見田健/国際放送局記者 永楽真依子)

“冬の脱水”とは?

「暖房の効いた室内にしばらくいたら、頭が痛くなってきた」
「原因はわからないが最近、食欲がなく、だるい気がする」
「激しい運動をしたわけではないのに筋肉痛になった」
こうした症状が出たら、“脱水”が隠れている可能性があります。

湿度が下がって乾燥する冬は、体の皮膚から蒸発する水分が増えることもあり、
実は、“脱水”への注意が必要な季節。
夏に比べると水分をとる量と機会が減っているという人、いませんか?

放置すると水分が失われて血液がドロドロになり、脳梗塞や心筋梗塞につながるおそれもあります。最も危ないのは高齢者ですが、皮膚からの水分蒸発量が多い乳幼児など世代を問いません。

コロナ禍だからこそ注意が必要

こうした“冬の脱水”。コロナ禍のこの冬は、いつもと状況が違うので、その分、注意が必要になっています。

済生会横浜市東部病院患者支援センター長の谷口英喜医師は、全国の医師や福祉の専門家でつくる「教えて!『かくれ脱水』委員会」の副委員長として、“冬の脱水”の危険性を訴えてきました。谷口医師によると、ことし、注意が必要な理由は2つ。
1つ目が、マスクを着用していること。
自分の息で口のまわりが潤ったような気がしてしまい、のどの渇きに気づきにくくなるのだというのです。
マスクを取るのが面倒になったり、大勢の人がいる中で、マスクを外すのをためらったりして水分を補給する機会が減りがちになるという影響もあるそうです。
2つ目は、外出を控えることで、筋肉量が減る可能性があること。
筋肉には、体の水分を保持する役割があり、その量が減ると、体の中にある水分量も減ってしまうのです。
“ステイホーム”は、どうしても運動量が減るため、筋肉の維持を難しくしてしまいます。
済生会横浜市東部病院患者支援センター長 谷口英喜 医師
「冬の脱水症はじわじわやってきます。特に、生活様式が変わったこの冬は例年以上に水分補給が不足傾向にありますので注意が必要です」

どう備える?“冬の脱水”

“冬の脱水”にはどう備えたらいいのか。

谷口医師は、意識的な水分補給が大切だと話します。
谷口英喜 医師
「喉が渇いていなくてもこまめにちょっとずつ、水やお茶など、できれば時間を決めて水分をとってください」
具体的には、室内にいてあまり動かない場合でも、1時間に1回、180ミリリットル程度の水やお茶などを飲むといいのだそうです。

外出して体を動かしている際は、さらにこまめに取ってください。
「教えて!『かくれ脱水』委員会」のメンバーの1人で、東京 新宿区で訪問看護事業にたずさわる秋山正子さんは、対策として、「鍋料理」を食べることをすすめます。
野菜のほか、肉や魚などさまざまな食材から栄養をとれるうえ、汁も一緒に食べて水分もとれるため、一石二鳥だといいます。

家庭でのふだんの食事の際も換気をすることや、箸や皿を共用しないことなどの感染対策をしっかり行うことが欠かせません。

秋山さんは、「鍋料理」を楽しみながら脱水対策も行って欲しいと話しています。
また、乾燥を防ぐ「加湿」も重要です。

政府の新型コロナウイルス対策の分科会は感染対策として、40%以上の湿度を保つことを推奨していて、それは同時に“脱水”対策にもつながります。

“脱水”のサイン

さらに、ひどい状況になる前に“脱水”のサインをつかむことも大切です。

次のようなことに注意が必要です。
▽のどが渇く。
▽体重が短期間で減っている。
▽尿の色が濃くなっている。
▽かぜなどの病気ではないのに37度前後の微熱がある。

さらに65歳以上の高齢者の場合は、次のようなことに気をつけてください。
▽皮膚が乾燥し、つやがない。皮膚がポロポロ落ちる。
▽口の中が粘つく。つばが少なく、つばを飲めないことがある。
▽便秘になった、あるいは以前よりひどくなっている。
▽皮膚のハリがなくなり、手の甲をつまみ上げて離した後、
 跡が3秒以上残る。
▽足のすねがむくみ、靴下のゴムの跡が10分以上も残る。
谷口英喜 医師
「体のサインに早く気づいてしっかりと水分をとれば脱水は防ぐことが可能です。とりわけ高齢者や乳幼児は、“脱水”に気づいたり、みずから訴えたりするのが難しいので、自分も注意しながら周囲の人の様子がおかしくないか目を配っていただいて、防いでもらいたいです」
マスクをつける、こまめに手を洗う、人との距離を保つ、などなど。
慣れてきたかもしれませんが、新型コロナの影響で気をつけなければいけない注意点が多い今、それがさらに増えるのは大変ですよね。

でも、体の不調や、命にも関わりかねない“冬の脱水”にもみんなで注意していきましょう。