卓球世界ランキング 伊藤美誠3位 張本智和5位

国際卓球連盟は1日、新型コロナウイルスの影響で凍結していた世界ランキングを8か月ぶりに更新し、東京オリンピックの代表に内定している伊藤美誠選手は順位を一つ下げて3位となりました。

卓球はこれまで毎月、世界ランキングを更新してきましたが、新型コロナウイルスの影響で大会の中止や延期が続いたため、ことし4月以降、ランキングを凍結していました。

しかし、先月、中国で国際大会が再開されたことを受け、国際卓球連盟は1日、世界ランキングを8か月ぶりに更新しました。

女子シングルスではこれまで2位だった伊藤選手が先月のワールドカップの準決勝で敗れた中国の孫穎莎選手と入れ代わる形で順位を一つ下げ、3位となりました。

伊藤選手とともに東京オリンピックの代表に内定している石川佳純選手は9位、平野美宇選手は11位となっています。

また、男子シングルスでは、張本智和選手が5位、丹羽孝希選手が17位、水谷隼選手が18位と東京オリンピックの代表に内定している3人の選手はいずれも順位を下げました。